不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

清涼飲料水のCM

ある老舗の乳酸飲料のCMを見て思ったこと。

 

青春とは疾走する制服である。

 

いっつも走ってるんだもんな、ここのCM。

この国のTVは、いつのまにか制服と食べ物に独占されているなあと思う。

遊び=仕事

タイトルにこう書くと、なんだか意識高い系の話が始まりそうですよね。

 

んなこたーない。

不適合者がそんなこと言うわけがない。

 

トム・ソーヤーの冒険、このタイトルを覚えている人はどれだけいるんだろう。

作者のマーク・トウェイン - Wikipediaは間違いなく変人で、社会不適合。

ただし知の大人であることは間違いない。

 

私の子供のときの国語の教科書には「トム・ソーヤーの冒険」が載せられており、非常に印象深かった。

エピソードの一つがこうだ。

 

壁塗りをおばさんに命じられたトム。暑い日のさなか、ペンキを塗ることが嫌でしょうがない。

友人たちは日陰から「ざまあ」という目で見ている。

一計を案じたトムは急にもったいぶって、楽しそうにペンキ塗りをするふりを始める。

冷やかしていた友人たち、トムがあまりにも楽しそうに仕事をしているのでなぜかと聞く。

トム曰く「子供がこんな大人の仕事をするチャンスなんてそうないからね。」

希少価値をちらつかせることで俄然やってみたくなり、友人はトムに変わってほしいと申し出る。

しかしトム。この申出を拒否。こんなチャンスを逃してなるもんか、とますます価値を吊り上げる。友人たちはポケットから宝物を取り出し、これをあげるからぜひ変わってくださいと下手に出る。

トムはポケットに友人から巻き上げた宝物を突っ込み、木陰でのんびりと仕事をする友人をあざ笑う。

 

ポイントは「希少価値を与えれば、人は喜んで金銭を支払う」という点。

これは大人でも変わらない。宝石に「歴代著名人が身に着けていた」となれば価格は上がる。A5牛一頭からとれる希少な部位、といえば食べてみたいと思う。

 

GDPの話をしよう。その一年で、国家が無から生み出した金銭的価値がGDPだ。

日本はこの10年ほど400~500兆円強を毎年生み出したと国の報告書にはある。

さて、この生み出された価値であるが「毎年無に戻る必要がある」

なぜか。消費するためには、スペースが必要だからだ。

家を持っていれば、二件目の家はいらない。車もそうだ。

食料だって、保存のきくものをため込んでしまうと来年は買わない。

そうすれば消費活動は停滞する。

国が作るインフラは大型で大金を使うけれど、一度作り出すと修繕するだけで何十年~100年単位で次のものを作れない。道路があちこちにひかれ、トンネルを掘りと数十年続けた結果、日本はすでに道路を満遍なく敷き詰めてしまった状態にある。

 

では何で消費させればいいのか。

家は、10年たったら古いもの、と認知させればいい。

車は3年たてばダサいと周知させる。

夜は遊びに行くのがおしゃれと言おう。

珍しい食べ物は一万円払っても食べてみたいと思わせればいい。

SNSを使っていいねを付けあうのが「必要」と思わせれば。

 

仕事から帰ってきたら休息にあてるのが普通だった50年前と今は違う。

有限な時間を労働に使い、そのあとはキャリアアップに勉強、趣味に、消費に、旅行に、インターネットに買い物にテレビにSNSに使わせる。

家族サービス、というお父さんの言葉にすべてあらわされている。

家族はせっつくが、お父さんは休みたい。

消費活動は「望んで行われる」とは限らないということだ。

 

スマホのゲームで課金をしガチャを回し、ゲームに5時間使わなければ強くなれないとすれば。これはもう立派な労働だ。

 

一方ゲームを作っている会社は収益を上げ、株主はもうかり、税金は国に入る。GDPも5兆円ほど活性化するのだろうか。

 

80年代からこの風潮は加速し、日本のGDPは右肩上がりだった。しかし子供が減り人口が減り始め、高齢化が進む社会は消費力が明らかに下がっていく。

これ以上消費させようにも、財布にお金はなく、夜中まで起きて活動している労働者の体力、精神力はもう限界近くまで来ているのではないかと思う。

官僚の皆さんは、もう少しこの点を。。。考えてくれるのでしょうか。 

 

「腐る通貨」を実現させるなら

unsuitable.hatenablog.jp

 

この記事を書いてから一年、マイナス金利はすっかり息をひそめ、トランプ一色に。

政府が借金作ってインフラ整備するのが正しいのなら、日本はとうに景気良くなっているだろうに。

 

さて、前回「腐る通貨」を考えた時には思わず声を荒げてしまったが、今日イメージがわいてきたのでメモしておきたいと思う。

 

全てのお金に期限を作ってしまえば、当然混乱する。それならば、いくつかのジャンルの通貨を切り替えてしまおう。

そのターゲットは「福祉」だ。

 

年金。生活保護。こういう場所で配られるお金の、たとえば半分を「期限一年の仮想通貨」にする。

振り込みはマイナンバーカードにチャージされて、専用の(例えばスマホでも)端末接触させると残額がわかる、とすればいい。

名前は新円ポイント(略:新P)とでもしよう。

 

このままでは当然だが貰う側から、またはそれを支持している政党から文句が出るよな。

そこで「配る新円ポイントは今までの円の2倍貰えることとする」

気前よく配れば文句もそう出るまい。

 

では、問題になるのは受け取る側、企業だ。一年後に消えてしまう通貨を受け取っても使えるかどうかわからないリスクが高すぎる。つまり期間限定のババ抜きをするようなもので、最終日に渡されたらどうなるのかと。

先物オプションのショールズ式を使えばざっくりした残存価値とか出せるが、そんな面倒なことをいちいち取引のたびにやってるわけにはいかない。

当然企業側としては受け取りに慎重になってしまう。

 

そこで大技。

ポイントは期限が切れた後は譲渡が不可能になる。

ただし、国、自治体への税金の納付に「円=新P」の同じレートで支払うことができるとするのだ。

 

こうなるとどうか。期限が切れるギリギリの投げ捨てるポイントを、節税に引き受ける企業が出てくる。個人でも、残ったポイントで納付が可能だ。

 

各街にいくつか「円=新P」の両替所が立ち、レートが表示される。もちろんネットでの換金も可能だ。通貨ではあるが、リアルマネーではない新Pはユーロ貨幣が存在しなかったときのユーロの位置に近くなる。

買い物に行くたびにレジ前には「本日のレート」が電光掲示され、どちらで払うも自由だ。多少ややこしくはあるが、たぶんすぐ慣れる。

 

経済促進を狙って何度もくだらないばら撒き方をしてきた〇〇振興券に代わって、好きな時に政府が発行することができる。

印刷にコストをかけることもなく、馬鹿が買い占めて独占することもなく、買いすぎたおバカが泣きを見ることもない。

これは、と思う政策。例えば子育て支援であれ、保障であれ、機動的に予算を組んで流してみればよい。どうせ、一年で使えなくなるポイントだ。

退蔵、死蔵されることなくすべて国に還流してくる。

もちろん、発行しすぎれば税収がポイントまみれになってしまうがな。

 

全てを切り替えるよりはまだ健全。変動する幅は、1P当たり0.5~0.9くらいの間を変動するのではないかと思うがどうなんだろう。

私よりも賢い人たちに、ぜひ思考実験してもらってその話を聞いてみたい。

 

 

しょうらいのゆめ

3歳とか、5歳ぐらいの子供に聞いてみる。

将来の夢はなんですか?

 

〇〇になりたい。

 

この〇〇には、男の子ならプロ野球選手、とか、サラリーマンとか。

女の子なら花屋さん、とかケーキ屋さんという言葉が入るのだろう。

少なくとも、私の子供の時はそうだった。

 

でも夢なんだから、実際は想像を超えた言葉が飛び出てくることもある。

 

  あんぱんまんになりたい

  きゅうりになりたい

 

なれるとは思わんが頑張って。

 

  世界の人々が平等になりますように

 

真っ赤な革命闘士候補ですか、それとも独裁者かな?

 

  病気で苦しむ人がいなくなるようにしたい

 

野口英世ばりですね。

 

  空飛ぶ車を作ってみたい

 

一人で作れたら、天才発明家だね。

 

 

ゆめ、というのは本来、望みであり、希望であり、思い付きであり、触発された憧れである。

叶うか叶わないかは別として、自らの内側から生れでた淡い思いだ。

ところがその発言を大人はいとも簡単に「職業」という矮小なものに押し込め、強制しているのだということに今日気づいてしまった。

 

たとえば先の「空飛ぶ車」と発言した子に対してはおそらく「じゃあトヨタに行こう」「マクダネル・ダグラスは無くなったから、ボーイングがいいんじゃないか」と示唆する。

確率で言えば、ほとんどの思い付きや夢など叶いはしないだろう。

 

 

しかし、その思いを就職、労働者の道しかないと思い込ませるのはいかがなものかと。

教育という名の洗脳は子供の時から始まっていたのかと気が付き、ぞっとした次第です。

 

 

平等な社会の行く先は

富の分配の効能を考える 4 - 不適合者のジャンクヤードでも書いたが、人に富を等しく渡すのは難しい。

 

基本的にお金はまだ分配できるから問題ない。

で、考えてみたわけだ。

 

貧乏な美人がお金をもらう。

貧乏な頭のいい人間がお金をもらう。

 

おや? 能力の不平等はどうなるのかな?

 

頭がよかろうが、足が速かろうが個々の人間の持つ能力値には当然違いがある。

ということは、ここを平等にするのなら

足の腱を切り、不美人に整形し、頭が悪くなるように教育をする

スキルの引き下げによる平等も行わなければいけないわけですね。

その世界はきっとエージェント・スミスのみが闊歩しているのでしょうか。

わーお、ディストピアだ。

 

それでは分配時にその点を考慮して、一人ひとりの能力を査定して、分配される金額を増減させる必要があるな。

能力から将来得られる給与差を算定し、その差額分を加味して「成功者から奪ったお金」を分配すると。

 

「零れ落ちた人間を救うセーフティネット

「積極的に金持ちから奪い、スキルのない無力者に分配」

 

どちらが優れてるんでしょうかね。

どこの国が住みやすいのか

定期的にネットに出る話題。

結論は、日本サイコー!となってちょっと気持ち悪かったりする。

 

よく引き合いにされるのは、ブータンの「おらが国自慢」だったり、〇〇研究によると、みたいな統計発表だったりする。

が、そのどれもに偏りがあるように思えたり、自分の国有利にしすぎじゃね?という疑問が付きまとう。

 

考えたんだが、その国が魅力あるのかどうかを見たければ、まず外国人の出稼ぎ労働者の数を見てみればいい。

その国に働き口があるから。

門戸が開かれているから来ているわけだ。

この絶対数が多いほど、自由度は高いだろう。

 

次にその働いている外国人に「この国は自国と比べて好きかどうか」を問う。

母国が貧しく、働いている国が豊かならYESという可能性が高い。

 

最後に「この国に可能であればずっと住みたいか」を問おう。

おそらくここが肝になりそうな気がする。

母国で得られるメリットとデメリット。人との関係。自分が楽しいかどうか。

 

どこの国にもいいところと悪いところがある。三番目の答えに「YES」と答える割合が多ければ多いほど、おそらくその国の魅力は高い。

和む外国人の話などをネットで見ていると、やはり日本は居心地のいい国なのかもしれないと思わされる。

興奮させると何が起きる?

答え:冷静な判断が出来なくなる。

 

ダン・アリエリーだったかな? 本の一冊にこんなことが書いてあった。

 

こんな経験をしてみたい?という性体験の例を1:してみたい 2:してみたくないでアンケートを取る。

普通の時なら「ないな」と答えるちょっとアブノーマル~突き抜けたアブノーマルな性行為があるとしよう。

 

「ポルノをみながら興奮した状態で」、同じ人にアンケートに答えてもらうとあら不思議。

 

忌避ではなく、試してみたいかも、と答えるようになるのだそうだ。

 

そういう意味では、株式市場も抑鬱~興奮を行ったり来たりしているように思える。

お金が増えて仕方がない、という状態は「アソコを触られているのと等しい」興奮状態にあるのかもしれませんなあ。

 

 

さて、人を興奮させるのに思いつく手段。もっとあるかもだが。。。

1. 赤が望ましい。血の連想か?

2.きわどい衣装を着た異性(特に男性に効果有)

3.フラッシュの点滅など、激しい明暗差

4.カフェイン、タバコ、アルコールの過剰摂取

5.儲かるかもしれない、という期待感

 

クラブとかダンス系は2,3の組み合わせ。飲み屋さんは3,4あたり。

1~5を全て網羅しているパ〇〇コ業界と、カジノ業界はさすがだと感じ入る。

人の心理のことを、本当知り尽くしていると感動すら覚えます。

(本当は悲惨だった)アナ雪の話

地上波初放送、とかでアナと雪の女王が話題になってます。

 

でも、原点となった話を知っているだろうか。

 

ペストが大流行していたヨーロッパ、1600年代の話だ。

隙を見て下々との触れ合いを楽しんでいた第二王女がペストに感染してしまう。

城に帰った妹は、姉と接触した後にペストで亡くなってしまう。

悲しみに暮れる王家だったが、次に発覚したのは姉の第一王女の変容だった。

 

実は第一王女は無症候性キャリア になっていたのだった。

王女に会った者の多くが、次々ペストを発症する。

死の王女、と名づけられた彼女は僻地の城に隔離されてしまうのだった。

 

身の回りの世話は、何も知らない雇われの農民によって行われ、発症すればまた代わりのものを雇う。

ヨーロッパ全体でペストが下火になった後も、この地方ではペストが流行り続ける。

一向に止まない疫病に民は「冬の時代」が来たと言う。

 

会えばペストに罹ってしまう王女の存在は、王家によってひた隠しにされていた。

が、ある時病気のルートが明らかになってしまう。

それを知った隣国の王子は「王女といえど、民に犠牲を強いるとはいかがなものか」と根源の処分を提案するが、娘可愛さに目が曇ってしまった王によって却下される。

 

しばらく後生産力の下がっていたこの国は、先の王子がいた国によって併合されてしまうのだが、その際にある城が炎上したという事実は、歴史書に一行示されるのみだった。

 

この話を知ったディズニーが、あまりのやるせなさに改編したのが「アナと雪の女王」である。

 

 

 

 

というのは全くの嘘。

 

完全私の創作です。

主人公目線で語れば、正義はどの立場にもあるんじゃないかと思う次第。

「夢」と「妄想」の見極め方

可能性は低いけれど、叶うかもしれないのが夢だとする。

一方で、実現はしないただの願望を「妄想」と呼ぶ。

 

妄想をつぶやきながら、夢ぐらいもってもいいじゃないかと思っているなら、それは夢と妄想の区別がついていない。

 

例えば「あー、どこかのお姉ちゃんと3000円くらいでいいことできないかなあ」

「国から一万円くらい毎日支給されねえかなあ」

 

区別をするには主客を入れ替えてみればよい。

 

「絶対にお相手したくない異性とイイことして、3000円を置いてかれる」

「国に毎日1万円を上納する」

 

入れ替えてみて、ぶるっと怖気が走る世界なら、それは妄想だ。

お、イイね、と思える世界なら、可能性がある夢なんじゃないかと思う。

 

募金が流行らない理由

空港に行くと、その国を離れる人用に募金箱が置いてあることが多い。

お札は両替ができるが、使えきれない小銭は持っていても邪魔なので募金箱に放り込むんじゃないかという期待があるのだろう。

 

一方、同じ層を狙って、飲食店。変わったところではカプセルトイなどを置いて小銭の回収を目指すライバルも多い。

募金が不人気なのは、箱が置いてあるだけだからだ。

いいことをした、という満足度よりも即物的な飲み食い、何が出るのだろうという射幸心のほうが価値が大きい。

 

そこで例によって新規アイディアだ。

小銭を入れると、入れた金額分に応じて「目の前で薬がカプセルに詰められ、切り離されて箱にしまわれる」様を見せる。

 

この薬は〇〇のために使われます、と動画と音楽を流す。

もちろん、茶番だ。

だが、目に見える満足と動機付けは必要ではないだろうか。

 

100年前からある、お金の見えるただの箱。

そろそろ改善の余地があると思われる。