不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

ツイッターアカウントあります

といっても記事案内だけですが。 新着が知りたい方は、どうぞ。 @unsuitablejunk

このブログを書き始めた理由

子どものときから周りの子がバカに見えて仕方がなかった、といえばタダの中二病だ。 しかし幼児期から早熟と言われ続け、大きくなってからも自分の考えることや、面白いと思うことがことごとく理解されなかったときに、やはり社会との隔意を感じた。 どうせ…

このブログを読む前に ※注意

このブログでは、社会的に問題のある発言や、過激な発言、 または人を不快にさせる表現が多数含まれる可能性があります。 ご自身がいたって真面目で、そういったものを読みたくないのであれば 十分注意してください。 書かれた内容は基本的には私の考えであ…

ビジネスアイディア ードヤ顔するために

夢を見た。 元上司が独立してベンチャー企業を立ち上げるそうだ。 私は居酒屋でおごられながらその話を聞いていた。 会社名は「first-lot inc.」 ファーストロット株式会社だそうだ。 目的は、企業の新製品を一番に買い付け、欲しがる人間に売る。 流れとし…

日本の景気をグラフで見る

Federal Reserve Economic Data | FRED | St. Louis Fedというサイトがある。 wikiを信じるならば、セントルイス連邦準備銀行の研究部門が管理するデータベースとのことだ。 アメリカの統計の数字を調べようと思うと、まあ、まずお世話になる。 特に長期(30…

今更ながら、ルトガー・ハウアーに驚かされる

◆KUMO ◆CoNaNQHQiさんのまとめ読んでて驚いたのだが。 yaruok.blog.fc2.com 普段はリンク張らないが、これは仕方ない。 映画「ブレードランナー」の最後のあのシーン。 「i'v seen things~」 タンホイザーゲートも、Cビームも。そして雨の中の涙も。 ルトガ…

難民と移民の差

最近、マスコミではないが、自主規制をして記事を書けなくなってる自分。 これを書くとな。で配慮してしまう。 ネットサーフィンしていて見かけた記事。 難民と移民の差はどこにあるのか。 移民は「求められて、手に職がある(働き口がある)ので移住できる…

今日のびっくり運転

血液型には妥当性があるのかないのか、と言われれば、まあないんじゃない?と答える人は多いかもしれない。 同じようなものに「車種による運転の差」が上がるかもしれない。 ・ハイエース ・エスティマ ・ノア 同じメーカーから出ている似たような形の車。 …

論理について 「やる夫で学ぶ議論のしかた」 含む

ronri2.web.fc2.com いろいろと自分でも書いているが、こちらのサイトの説明が十二分に面白く、また役に立つ。 久しぶりに読もうと思った「やる夫で学ぶ議論のしかた」でググったときに出てきたのでついでに読ませてもらったのだがこれが面白い。 ただ、論理…

失敗と責任について 2

アマゾンのレビューを見ていると、Cの付くあの国の製品に、こんなレビューを見ることが多い。 ・返品された商品をそのまま梱包して、発送したような感じ。 ・不良品だったので、返品したが次のものも不良品だった。 歩留まりという言葉がある。歩留まり - Wi…

失敗と責任について 1

失敗したのなら責任をとれ、という論理があるとしよう。 失敗した人間を「本人」、損害を受けたものを「雇用主」として話を進めてみる。 考えて見る必要があるのは 1.その任務は「本人」が望んで始めたことなのか。 2.任務成功の報酬は「本人」が受け取…

敵はいったい誰なのか

ネットで、頭があったかいキッズのやり取りを見ていると春を感じるこの頃です。 さて、ちょっと気づいたこと。 例えばネットである書き込みがあったとします。 どこの誰、と書くと敵を増やすので(今更だが)ふわっとした話で進めますが、この書き込みをした…

清涼飲料水のCM

ある老舗の乳酸飲料のCMを見て思ったこと。 青春とは疾走する制服である。 いっつも走ってるんだもんな、ここのCM。 この国のTVは、いつのまにか制服と食べ物に独占されているなあと思う。

遊び=仕事

タイトルにこう書くと、なんだか意識高い系の話が始まりそうですよね。 んなこたーない。 不適合者がそんなこと言うわけがない。 トム・ソーヤーの冒険、このタイトルを覚えている人はどれだけいるんだろう。 作者のマーク・トウェイン - Wikipediaは間違い…

「腐る通貨」を実現させるなら

unsuitable.hatenablog.jp この記事を書いてから一年、マイナス金利はすっかり息をひそめ、トランプ一色に。 政府が借金作ってインフラ整備するのが正しいのなら、日本はとうに景気良くなっているだろうに。 さて、前回「腐る通貨」を考えた時には思わず声を…

しょうらいのゆめ

3歳とか、5歳ぐらいの子供に聞いてみる。 将来の夢はなんですか? 〇〇になりたい。 この〇〇には、男の子ならプロ野球選手、とか、サラリーマンとか。 女の子なら花屋さん、とかケーキ屋さんという言葉が入るのだろう。 少なくとも、私の子供の時はそうだ…

平等な社会の行く先は

富の分配の効能を考える 4 - 不適合者のジャンクヤードでも書いたが、人に富を等しく渡すのは難しい。 基本的にお金はまだ分配できるから問題ない。 で、考えてみたわけだ。 貧乏な美人がお金をもらう。 貧乏な頭のいい人間がお金をもらう。 おや? 能力の…

どこの国が住みやすいのか

定期的にネットに出る話題。 結論は、日本サイコー!となってちょっと気持ち悪かったりする。 よく引き合いにされるのは、ブータンの「おらが国自慢」だったり、〇〇研究によると、みたいな統計発表だったりする。 が、そのどれもに偏りがあるように思えたり…

興奮させると何が起きる?

答え:冷静な判断が出来なくなる。 ダン・アリエリーだったかな? 本の一冊にこんなことが書いてあった。 こんな経験をしてみたい?という性体験の例を1:してみたい 2:してみたくないでアンケートを取る。 普通の時なら「ないな」と答えるちょっとアブノ…

(本当は悲惨だった)アナ雪の話

地上波初放送、とかでアナと雪の女王が話題になってます。 でも、原点となった話を知っているだろうか。 ペストが大流行していたヨーロッパ、1600年代の話だ。 隙を見て下々との触れ合いを楽しんでいた第二王女がペストに感染してしまう。 城に帰った妹は、…

「夢」と「妄想」の見極め方

可能性は低いけれど、叶うかもしれないのが夢だとする。 一方で、実現はしないただの願望を「妄想」と呼ぶ。 妄想をつぶやきながら、夢ぐらいもってもいいじゃないかと思っているなら、それは夢と妄想の区別がついていない。 例えば「あー、どこかのお姉ちゃ…

募金が流行らない理由

空港に行くと、その国を離れる人用に募金箱が置いてあることが多い。 お札は両替ができるが、使えきれない小銭は持っていても邪魔なので募金箱に放り込むんじゃないかという期待があるのだろう。 一方、同じ層を狙って、飲食店。変わったところではカプセル…

バグをとる

株式の価値算定とか、変動とか見るのにエクセルを多用しているんだがこれが便利。 ちょっとした関数とか、思い付きとかで変数組んだりとかが簡単で、重用してる。 でもね、思い付きで組むと酷いことになる。 これあったら便利だよなって数字が、循環しだす。…

憤るだけでは変わらない

なんというか、ネットで炎上ってもののパターン見てるとだいたい決まってる。 正しいモノの見方があり。 守っていない悪者がおり。 こんなことが許されるのだろうか、と石を投げる。 だますのが悪い。 知らない事につけ込むのは悪い。 昔子どもだった頃は私…

夢見がちっていうけどさ

がちっていうことは、そうじゃない時もあるってことだ。 例えば、今までろくに運動をしたことがない高校生が「プロ野球選手になれる」って、どう考えても無理な望みを思うのも、夢見がちと言っていいのだろうか。 言葉の順を入れ替えて ガチ夢見 とするほう…

責任ある仕事とは

薬剤師って大変だよね、という掲示板のやり取りを見ていて思ったこと。 薬袋詰めにするだけで600万は高い、という部外者の意見があり 薬の疑義にブラックな勤務と1000万でも安いという内部者の意見も。 私が思うに〇〇責任者、とか国が国家試験で出してる資…

凡百のブログより一人の先生の偉大を噛みしめろ

アメリカ株が高いと思い続けて数か月。ここのところ企業分析と経済分析の切り口を探しているのだが、これがなかなか進まない。 私自身も凡百の一人にすぎないので当然だが、その理由は「明確なイメージ」を持った人がそういないことが原因だ。 経済で例えば…

咄嗟の切り返し

固定電話を無くしたいと思いながら、はや7年。 最近は営業電話しかかかってこないから、出るのすら面倒くさい。 「すいません、こちらリサイクルの会社なのですがご不用なものなどございませんでしょうか」 営業はいりません、と断るのだが。 「こういう電話…

富の分配の効能を考える 4

本来なら、前回までの分で終わりだったはずなんだが、思いついたことが一つ。 世界人口って70億人くらいいたよな。 じゃあ、36億人の貧困層以外の人間って、いくら資産持ってるんだ? ここからはデータがないので、仮説を立てていく。 1.GDPに比例して、個…

富の分配の効能を考える 3

貧困層はお金がないから貧困なのだろうか。 逆に考えてみよう。貧困層の36億人が、一斉に自分の資産の10%(たった20$!)を出せば、世界の資産家の10%の株を買えるということだ。 つまり貧乏人が株主の10%を占めることも、理屈上不可能ではない。 …