読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

失敗と責任について 2

アマゾンのレビューを見ていると、Cの付くあの国の製品に、こんなレビューを見ることが多い。 ・返品された商品をそのまま梱包して、発送したような感じ。 ・不良品だったので、返品したが次のものも不良品だった。 歩留まりという言葉がある。歩留まり - Wi…

敵はいったい誰なのか

ネットで、頭があったかいキッズのやり取りを見ていると春を感じるこの頃です。 さて、ちょっと気づいたこと。 例えばネットである書き込みがあったとします。 どこの誰、と書くと敵を増やすので(今更だが)ふわっとした話で進めますが、この書き込みをした…

平等な社会の行く先は

富の分配の効能を考える 4 - 不適合者のジャンクヤードでも書いたが、人に富を等しく渡すのは難しい。 基本的にお金はまだ分配できるから問題ない。 で、考えてみたわけだ。 貧乏な美人がお金をもらう。 貧乏な頭のいい人間がお金をもらう。 おや? 能力の…

憤るだけでは変わらない

なんというか、ネットで炎上ってもののパターン見てるとだいたい決まってる。 正しいモノの見方があり。 守っていない悪者がおり。 こんなことが許されるのだろうか、と石を投げる。 だますのが悪い。 知らない事につけ込むのは悪い。 昔子どもだった頃は私…

地下鉄で見える「恥」の概念

優先席の付近では、携帯電話の電源をお切りください。 ペースメーカーへの影響や、電波の危険性。今回は脇に置いておく。 席数6。 うち座っているのが 高齢者 1。 若い女性 2 サラリーマン(若) 2 サラリーマン(中) 1 スマホ利用 4 他の高齢者に譲…

いじめについて再度考える ※イジメ注意

まとめブログの記事を読んだ。 himasoku1123.blogspot.jp ※記事のまとめ いじめられる側にも問題がある → タダの難癖 人間は完璧ではない。 ゆえにヤカラはどうとでもつけられる。 うん、シンプルでわかりやすい。 「いじめがなくなる」 わけがない。 ※sa-be…

人形、苦手なんすよ

USJと淡島神社のコラボが話題になっているようだ。 炊き上げで納めたはずの人形が、ホラーとして展示される。 なんか、牛肉の廃品再利用を思い出すニュースだが、まあ、法律上は問題ないんだろう。 ただ、宗教は基本、道義と気持ちで成り立ってるのに、そこ…

ショックを受ける人々

確率ということを考えてみる。 100面ダイスを一度振ると1から100までの数字が出る。 仮に1を一番いい。100をアカン出来事が起こる。と仮定しよう。 人間の人生は、このイベントダイスを振って決まると考えてみる。 人間100の出来事が起これば、大騒ぎし、嘆…

財産税に反対する理由

財産税が導入か、との話がある。 感情的なものがまず一つ。 持ってるもの取り上げられるっておかしくね? 増税の話になると、 「金持ちから取ったらええねん。どうせ俺ら貧乏人関係ないし」 そんな論調が多く見受けられる。 では一般人に財産税は影響しない…

本当に反省したのなら

本当に反省するのであれば「再発しないための工夫をする」のがベスト。 ヒューマンエラーが原因なら、起こらないようにする仕組みを作る。 こないだ紹介したフールプルーフがその一つだね。 ところが大企業から一般庶民まで、謝るポーズばかりが取り沙汰され…

日本人のメンタリティー ※弱者閲覧注意

歴史の話をしていて、特攻の話になるとまあ、いろんな意見が出るよね。 尊い犠牲を忘れるな、って言う言葉があれば、為政者側に対して「人を必ず死ぬように仕向けるとか何考えてるんだ」っていう怒りの言葉とか。 その場にいなかった人間はそれは好き勝手言…

面白いもの紹介 「やる夫スレ」 その15 日本人は歴史好き

毎年のように燃やされる織田信長に、官軍に突っ込んでいく土方さん。 「あいつマジやばいって」の声を聴いてもらえない吉良さんに、キンカン頭が裏切ったと言われ続ける明智さん。 なんだかんだと毎年恒例のように死に役をやってるってことは、やはり歴史も…

ドラマ的な分岐点は存在するのか。

後悔先に立たず、という言葉の通り、自分の選択を悔やんでいる人は多いのだろう。 あの時、ああしていれば。 あそこで、AではなくBを選んでいれば。 想像の中で、悔やんでいる人はもう一つの選択肢を選び、幸せな結末を得る。 ねーよ。 バタフライ・エフェク…

差別を強く感じる人に

差別を感じる言葉を目にするのが苦痛だ!と、いろんなところに抗議している人たちがいると聞く。マスコミが自主規制するああいった言葉ね。 ちびくろを回収させ、カムイ伝の言葉を改めさせる。そして発刊禁止にする。 いやあ思ったんですよ。 入菩提行論の「…

何をやっても許されるというわけがない

宗教は嫌いだし、個人的にブログでもいろいろ書いてきた。 ただし、信じているという人に対し「やめーや」とか「あほちゃう」とは思わない。 何を信じるのも自由、という信教の自由は大切だと思っているからだ。 私が嫌いなのは宗教組織形態であって、宗教の…

宗教に騙されないために

見えないものに騙される。 感じるということなら、気功なんかがある。手と手を10センチほど離して、向きを合わせて集中すれば、あったかい何かを感じる。 ある人は「気」と名付けて大金をとろうとするが、まあ、試してみれば人によるだろうけど10分もあ…

政治家に求められるもの

ここのところの選挙で思うこと。 政治家に求められるものは ・リーダーシップがあり ・清廉潔白で ・身を粉にして働き ・清潔感があり爽やかな顔立ちをしていて ・安い給料で文句を言わず働く ん? ブラック企業の募集かな? 政治家には求めて、自分たちはブ…

【悲報】サンデルさん、勘違いされる R-18(生死)

ちょっと前に流行したマイケル・サンデルのお話。 あれ以降、正義がまた勘違いされてる気がする。 デブを落としてトロッコを停めるべきか。 トロッコ問題 - Wikipedia 正解の答えなどない。 1.トロッコは偶然脱線する。 2.突き落としたデブの遺族から殺…

二択で人を追い詰めよう ―叙述トリック

嘘か本当か。 正義か悪か。 信じるか信じないか。 人と話をしていて、聞かれたら「やばい」 どちらを選んでもトラブルの元なんですね。 今回は二択の危険性について。 以前にも少し書きましたが (黒とグレーの違い - 不適合者のジャンクヤード) 嘘をついて…

誰得三兄弟 ―愚痴 批評 アドバイザー

誰得。誰が得するの? 誰も得しないんじゃない? だから「誰得」 分かりやすい。 というわけで、ネットの誰得について書いてみる。 A.愚痴 チラシの裏に書いてろ。そして同じ話を繰り返すな。前向きじゃない話は人の精神を腐らす。心理の先生の自〇率半端…

定義の確認は大事

歴史が違えば、道徳が違う。文化が違うってやつだ。 バカのすることの一つに「現代の・小さな自分の周囲の道徳観で他人を裁く」というものがある。 バカにはわからない。 歴史が。他人が。哲学が。人生が。 ただ、自分の経験した些末なことと、思い込み、偏…

ポポロ=民衆=バカ

気が付けば、「バカへの怒り」のカテゴリの記事が増え続けてる。 ここで、一度自分の思うバカって何よ、と簡単に定義づけしてみたい。 辛口の、偏ったインテリおばあさんの塩野七生さん。 私の尊敬する作家さんの言葉を借りれば 「民衆=ポポロ」 S.P.Q.R…

騙されたらアカン話 ―イデオロギー

赤い話ついでにもう一つ。 イデオロギーゆう言葉があったんよ。100年ほど前な。 政治とか理論とか。なんせそれ、最新のもんって触れ込みでぱーっと知識人の間に広まったんよ。 うん。こないだの赤いやつな。 イデオロギーゆうんは「哲学で政治で観念」っ…

なんだか赤いんですよ

友人に聞いた話。 私と違って奴は高給取り。調子のいい時は1,000万を超える年収があったらしい。 奥さんはお嬢さん。給料を全部渡しても「足りない」 貯金は0。 「知らんと思うけど、あんた稼ぎ悪い方なんよ」 わお。 そんなん言われるんや、との愚痴を聞い…

タダで回答を求めるネット社会(というかバカ)に告ぐ

私のブログは基本不親切に書いている。断片的な単語に説明は付けない。知っている人が解ればいいやというスタンスだ。 私のところにはまだ来ていないが、ネットを見ているとよくこういうコメントが書き込まれている。 「〇〇って何ですか? 詳しい説明が欲し…

不謹慎厨はなぜ生まれるのか

昭和の終わり、陛下が崩御された時に自粛ムードがあった。 東日本大震災の時も。 そして今回の熊本地震でも。 何をしても「不謹慎ではないか」といってくる人間がいる。不謹慎厨だ。 さて、この「不謹慎」という気持ちはどうして生まれるのか。 心理の面から…

騙されてはいけない ―ベーシックインカム

何度も消えてはまた現れる話題に「ベーシックインカム」がある。 堀江さんが言ってた!とかなんだとか。 これは何かというと「働かなくてもお金がもらえてしまうしくみ」 ほーん、よさげちゃうのん。思った人。手を上げてみ? 詳しくはwikiでも読んだらいい…

私を切れさせた話 ―腐る通貨

「ゲゼルの減価貨幣」 日銀のマイナス金利とともに出てきたキーワードだ。 なんだこれと一読して切れた。 一言で言ってみるなら ありえない。 エンデが言ってたとか書いているブログがあるが、基本的にこれが通用するのは着の身着のままのホームレスの世界。…

肥大化して止まらない「権 利 ビ ジ ネ ス」

特許と著作権、この二つが凄まじい権利を持ち始めているのではないか。 雑誌の世界では、撮影する写真にあの国の(ハハッ)キャラクターが映り込んではいけないという強い規制がある、という都市伝説がある。 たとえばインタビューした人間の胸ポケットに「ネ ズ…

「いじめがなくなる」 わけがない。 ※sa-betsu 注意

こういうタイトルで、あえて炎上させてみる。 この手のことを主張すると 1.いじめで苦しんだ子の気持ちになってみろ! 「不謹慎厨」 2.世の中は良くなるに決まってるんだ! 「ひだ りまき」 3.監視カメラと密告できっとなくせるはずさ 「管理監視厨」 …

大声で言ってはいけない話

ある特定の国について、この国には言論の自由がないようです。 どことは言いません。 ただその国から来て、日本に住んでいる人のことを悪く言ったりすると問題になるそうです。祖 国では J帝を貶し、隙あらば賠(以下) 戯画化し、大げさにいい、ステレオタイ…

法律がなぜ大事なのか

法律は絶対的存在である、というと反発を感じる人が多いと思う。 曰く、感情はどうなのか。 マナーや、習慣はどうなのか。 輪を乱す奴は排除したらいかんのか。 いじめの構造にあるのがこれだ。 ムカつくやつがいる。 変なやつがいる。 気持ち悪いやつがいる…

イラッとした時に気持ちを落ち着かせる方法

人の発言でイラつかせられると時の解決方法。 でもそれって意味ないよね → 言ってる人が意味ない存在 あの映画は面白くない → 面白くないのはあなたです。 あなたは人の気持ちがわからない → あなたがたぶんわかっていない あなたはケチな人だ → あなたがケ…

三菱の不正問題に思う

不正っていうけど、もともとどのメーカーでもカタログスペック通りの燃費なんか出たためしがない。 どうせなら市街地に素人100人乗せて、A→B地点、好きなところを通らせて平均値でも出してみろっての。モードとかじゃなく実測値で見た方が信頼度は高いはず。…

黒とグレーの違い

100%とはなんだろうか。 例えば「嘘」について考えてみたい。 一つの真実も含まれていないものは、「嘘」といえる。 例えば、「昨日は夜9時に寝ました」 夜11時に寝ていれば嘘だ。 ところが「昨日は夜9時以降に寝ました」 幅が出ればOKとなる。 つまり…

正しいマナー、糞くらえ

これぐらい知っておかないと、社会人として恥ずかしいよ。 ええ、私恥かいたことは何度もあります。 結婚式に呼ばれたら、ご出席の「ご」を消して「させていただきます」を付け足す。 郵便の「行き」は消して、様か御中にする。 知らんがな。何、相手を試し…

交通戦争のテロリズム

イラク戦争の時に、米兵が運転しようというときは特に緊張を強いられたそうだ。 角から出てくる少年。向こう側で止まっている車。すべてが怪しく、どこに爆弾が仕掛けられているか分からない。 週に数人は確実に命を落としている事実が、プレッシャーになる…

「悪いこと」と「狡いこと」

悪いことと、狡いことの区別がついていない人が多いと思う。 私の考えではこうだ。 悪いこと ・法律または慣習でその文化に広く周知されている違法行為 ・冷静に客観視でき、また他者との認知のずれがほとんどない 狡いこと ・主観的かつ感情的に発せられる…

法律の正当性

悪法も法なりとソクラテスは毒をあおったという話。 嘘か本当かはおいておき、法治国家では、成立した法に従わなければ罰せられる。 しかし、法が成立するということと、その方が正しいかということは全然別なのだが、視野の狭い権威主義者は、成立したから…

違和感のある言葉 3

このようなことは、二度と繰り返してはいけません。 ニュースキャスターの言葉でよく聞く。 歩留まりとコストの関係を知っていれば、そのセリフは出ない。 90%から99%に上げるためにかかるコスト 99%から99.9% 100個(回)に1つの失敗 1000個(回)に1つの…

事実と言葉狩り

私は体重が重い。故にデブという自覚がある。 ところが、その事実を社会で発言すると言葉狩りにあう。 デブのことを「お太りになられている」 「ふっくらしている」「ふくよか」 いくら言い換えてもその本質は「デブ」を指し示している。 どのような文脈で語…

「ちょっと聞いてくれるー」に思う

あいつは気が利くな、という言葉の裏側には、自分の面倒なことを率先してやってくれる便利な奴、という感情がある。 あの人は優しい、という言葉には自分に金、またはサービスを無料でくれる、という意味合いがある。 あの人はいい人、の裏には「どうでもい…

芋砂と炎上の関係性

ゲームの1ジャンルにFPSというものがある。 登場人物の一人になり、多くは銃で撃ちあう戦争のゲームが多い。 そんなゲームの中で嫌われるプレイスタイルの一つに、「芋砂」というものがある。 芋虫のようなスナイパーというのが語源の軽蔑の意味を含んだも…

血を見たい群衆たち ※R-18G注意

サティーという習慣を知っている人は多くはないと思う。 サティー (ヒンドゥー教) - Wikipedia 夫が死んだ後に、妻が後追いで殉死する風習。 これは殉死だけではなく、貞淑でない行いをした妻を焼いたりと、現代にも続くインドのなかなかな風習だ。 ところで…

現実と架空の境目4

架空を現実が追いかけるということがある。 例えば手塚先生の書いたアトムを見て、ホンダがアシモを作り、ソフバンがペッパーを作る。 ガンダムを見た世代が、いずれ二足歩行兵器を作る、かもしれない。 古くならジュール・ベルヌの描いた潜水艦、月旅行など…

医療過誤で医者を責めるな

薬剤を間違えた、分量を間違えた、手術の際に器具を取り忘れた。 結果患者が死ぬ。 そのたびにマスコミは大騒ぎする。こんな痛ましいことは二度と起こしては、といった論調でアナウンサーが喋る。 いやいや、絶対になくならんでしょう。疲れた人は、頭が良く…

厳罰を求める社会に思う

法律というものは、国が国民に守ることを強制しているルールのこと。国を不穏な状況にしたり、税金の徴収を妨げるようなことがあれば、逮捕し、裁く。 憲法はその逆で、国民が、国を監視するための大前提。国が国に都合のいいルールばかりを作らないように、…

「日本死ね」に思う

待機児童をめぐってマスコミ報道が過熱している。 マスメディアは自民叩きになると、なぜか生き生きする放送局がいくつかありますな。 今回のブログの要旨をまとめてみる。 保育所落ちた → 待機児童と通えている児童の比率は報道しない 総活躍じゃないのかよ…

死について考える

前回の記事でも書いたが、ガンになることを恐れて食べ物に気を付ける人が多くなっている風潮に考えた。 前提としてあるのは、人は絶対に死ぬということ。 そして長生きをすれば遺伝子絡みのミスが増えて、ガンになりやすいということ。 人間の歴史を考えてみ…

安全な食べ物という幻想

田舎で育った健康な食品を食べたい。 都会人の傲慢な気持ちが、有機農法でぼろ儲けという構造になる。これはいいとしましょう。 安全な食品を、安く手に入れたい。これはいけません。 人類の歴史を思えば、縄文時代にはどんぐりを食べ、江戸時代には玄米を食…