不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

政治・政策

日本の景気をグラフで見る

Federal Reserve Economic Data | FRED | St. Louis Fedというサイトがある。 wikiを信じるならば、セントルイス連邦準備銀行の研究部門が管理するデータベースとのことだ。 アメリカの統計の数字を調べようと思うと、まあ、まずお世話になる。 特に長期(30…

遊び=仕事

タイトルにこう書くと、なんだか意識高い系の話が始まりそうですよね。 んなこたーない。 不適合者がそんなこと言うわけがない。 トム・ソーヤーの冒険、このタイトルを覚えている人はどれだけいるんだろう。 作者のマーク・トウェイン - Wikipediaは間違い…

「腐る通貨」を実現させるなら

unsuitable.hatenablog.jp この記事を書いてから一年、マイナス金利はすっかり息をひそめ、トランプ一色に。 政府が借金作ってインフラ整備するのが正しいのなら、日本はとうに景気良くなっているだろうに。 さて、前回「腐る通貨」を考えた時には思わず声を…

どこの国が住みやすいのか

定期的にネットに出る話題。 結論は、日本サイコー!となってちょっと気持ち悪かったりする。 よく引き合いにされるのは、ブータンの「おらが国自慢」だったり、〇〇研究によると、みたいな統計発表だったりする。 が、そのどれもに偏りがあるように思えたり…

日本に合ってそうな制度

江戸時代の五人組。これは相互監視が目的であった。。。 ということで今回は褒賞と密告について考えてみる。 緑のおじさん(駐車監視員)制度が出来てから10年が過ぎ、昔よりも違法駐車は減り、コインパーキングは笑いが止まらない。 とはいえ全て無くなるな…

政治家がたたきやすい件

鹿児島の市長が叩かれているようです。 公費を使って、奥さんを旅行(視察)に連れて行った。 なんとその金額1500万。 おそらく奥さんは「選ばれた議員」ではないから公費を使うのはおかしい、ということなのだろう。 それは一理ある。 ただし、その考えの裏…

メガネがよく喋る時

朝のテレビを見るともなしに眺めていたら、「個人向けの確定拠出年金」について話していた。 これは何かといえば「自営業者や無職向け」の年金だ。国ではなく企業が用意する老後保険と思えばいい。 国からもらえる年金だけでは足りない、と思うなら上乗せ分…

労働基準法を見直すなら

www.fx2ch.net 電通のお祭りを受けて、政府が見直しを発表。 とはいうものの、基本的に罰則を設けないのはいつものこと。 真っ先に霞が関が名前上がるんじゃね、という突込みがさえている。 書き込まれた中で秀逸だったのは >違反したら株主配当金を出せな…

税金の回収率

お世話になっているサイト、 ecodb.net こちらでデータを見ていて気付いた。 各国の歳入(GDP比)だが、このデータの意味するところは、国が民間、国家経済に対してどのくらい課税できているかの目安だと私は考えている。 GDPはそれぞれの国の経済の中で、ど…

民事と借金回収の難しさ

例えば交通事故で、被害を受けたとしよう。 相手がお金がないので、弁済を分割で支払うという。 離婚で養育費を払う、と約束をする。 借金を返せなくなったので、月に一万円ずつにしてくれと泣きつかれる。 どうなるか。 分割に同意をした後、支払う側の心理…

ソーダ税ってどうなるの?

ちょっと前に聞いて、思わず「ねーよ」と思ったソーダ税。 ペプシコ「砂糖減らします」 課税・炭酸飲料離れを意識 http://www.asahi.com/articles/ASJBL4DNLJBLUHBI00Z.html?ref=rss おいおい進んでんじゃねーかよ。 ソーダ税で検索すれば 「糖分多い飲料に…

政治家の公開責任

本の種類は何だったのか。 なんだか領収書が熱いようだ。 領収書に記載されているものが「ふさわしいかどうか」 クレヨンしんちゃんとかもあったかね。 市民が知りたいのなら政治家の書籍は「アマゾンでしか買えなくすればいい」 そして、そのアカウントはす…

ベーシックインカムを再び考える 10

前回の記事 ベーシックインカムを再び考える 1 2 3 4 5 6 7 8 9 社会保障案 その3 貧民にも誇りを 構ってもらえないから人は歪む。 相手にされないから、すさむ。 聞いてもらえないから、価値がわかってもらえない時に恨みを持つもんです。 1.無…

ベーシックインカムを再び考える 9

前回の記事 ベーシックインカムを再び考える 1 2 3 4 5 6 7 8 社会保障案 その2 強制的に休ませる日 国民に必要なのは、お金ではない。休みなのだ。 ということで、祝日は「家族サービス」とか、そんなたわごとは忘れる。 家から出るな。ごろごろし…

ベーシックインカムを再び考える 8

前回の記事 ベーシックインカムを再び考える 1 2 3 4 5 6 7 社会保障案 その1 ローマを見習ってみる ローマと言えば「小麦給付」があった。パンとサーカス - Wikipedia 家賃が払えない。仕事がないなどの切羽つまった状況ではなく、生活を切り詰めて…

ベーシックインカムを再び考える 7

前回の記事 ベーシックインカムを再び考える 1 2 3 4 5 6 7.ここまでの簡単まとめ 1.産油国で独裁色強ければ国民給付する場合もある(日本に石油はない) 2.年寄りに払うのがムカつく、という損得勘定が根底にある(山賊かな?) 3.払った分の…

ベーシックインカムを再び考える 6

前回の記事 ベーシックインカムを再び考える 1 2 3 4 5 6.動機づけの方向間違ってんじゃねえの。 インセンティブって言葉がある。 日本語では動機、と翻訳されるが、インセンティブにはもう少しゲスい金の匂いがすると、個人的に思っている。 例えば…

ベーシックインカムを再び考える 5

前回の記事 ベーシックインカムを再び考える 1 2 3 4 5.義務と権利をお前、勘違いしてないか? 納税の義務、という面からベーシックインカムを考えてみる。 3人のモデルケースを出す。 1.上流国民 生涯平均年収 800万円 所得税は35% 2.中流国民 …

ベーシックインカムを再び考える 4

前回の記事 ベーシックインカムを再び考える 1 2 3 4.俺様は偉いからそんなミスなどしないんだぜ。 ベーシックインカムは、生活保護バッシングとも近い関係にある。 「あんな奴ら」にお金を渡すくらいなら俺たちにも返せよ。 そんな感情らしい。 あんな…

ベーシックインカムを再び考える 3

前回の記事 ベーシックインカムを再び考える 1 2 3.お金を増やすなんて簡単だろ? 国がした約束なんだから、守るべきだ。年金にはそういう空気が付きまとっている。 年金を自分で運用するというアメリカでは401Kという制度。日本では確定拠出年金と呼…

ベーシックインカムを再び考える 2

前回の記事 ベーシックインカムを再び考える 1 さて、ベーシックインカムの基本として、 「予算が潤沢な国」が「(権力者よりも)貧しい国民に」施す政策 という側面があると書いた。 そういう面で見てみると、日本は全く当てはまらない。 世界の工場だった…

ベーシックインカムを再び考える 1

以前私が書いた記事。 騙されてはいけない ―ベーシックインカム - 不適合者のジャンクヤード この時の試算によれば、20万円配ろうと思えば288兆円の予算が必要になる。 そう言う結論だった。 そこで私が出した対案としてはこちらの記事。 ポポロの扱いから社…

気になった看板

たまに通る幹線道路。渋滞していたので周りをぼんやり見ていたら気になる看板があった。 普段なら気にもしない政府系の立て看板。今回のコレは市によるもの。 「基本教育の充実を」 あー、関西は時々こういうのあるなあ。 「ルールを守れる人づくり」 ふんふ…

暴徒にさせないために

供給が切れると暴れだす、というものがある。 古の中国では米。食えなくなると一般国民までをも巻き込んで、暴動、騒乱祭りまっしぐら。ちょっと前のソ連ならウォッカ。洗浄溶液、不凍液。機械から抜き出して体のことを考えずに飲む始末。 さて日本。食えな…

財産税に反対する理由

財産税が導入か、との話がある。 感情的なものがまず一つ。 持ってるもの取り上げられるっておかしくね? 増税の話になると、 「金持ちから取ったらええねん。どうせ俺ら貧乏人関係ないし」 そんな論調が多く見受けられる。 では一般人に財産税は影響しない…

都道府県で「最低時給」が違う理由

ネットで見かけたこの一文。 「時給が低い県に、企業が工場を作る動機になる」 要は「給料が安いんだから、田舎の方に工場ぶったててそこで作ったら、安く作れんじゃね?」ってことだ。 wikiによれば 日本国憲法第25条の趣旨に基づき、最低賃金法(昭和34年4…

女性のダブルスタンダード

男性の保育士が、保育園で働くことに抵抗があるという話。 まあ、つまるところ若い男が、女の子の下の世話をしたり、着替えを手伝うという絵面が気に入らないのだろう。 ネットで議論が炎上したという話を聞いて、ちょっと調べてみた。 「男性の保育士」で検…

憲法第25条を考える

1.すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。2.国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。 wikiよりコピペしてみた。最近の若者はいろいろ物欲しがらなくなってるか…

祝日を法制化する

国民の祝日は、法律で決まっている。 でも、休みの日にサービス残業したり、出勤を強制したりする会社は多いだろう。 お上が言うことには逆らえない日本人。 ということは、休みを法律で定めたらいいんじゃないかな。 1.日曜日と祝日は、労働を禁止する 2…

第三種公務員について考える

以前書いた第三種公務員。 アイディアをもう少し詰めて考えてみる。 自分用メモ書き。 所得資産によって、零れ落ちる人間をセーフティネットで救い上げるのであれば、動産、不動産の実態確認が必要。 リアルタイムで増減する不動産価値、さらには株などの金…

政治家だって辛いんですよ

一回落ちれば、ただの人。つまり 無 職 。 手のひら返しで党からは見捨てられ、そうなれば票は入らない。 給料は高いというけれど、事務所運営にポスター、事務費とかかるんです。 自営業だったら、ほとんどの人が経験しているであろう経費水増しも叩かれる…

政治家に求められるもの

ここのところの選挙で思うこと。 政治家に求められるものは ・リーダーシップがあり ・清廉潔白で ・身を粉にして働き ・清潔感があり爽やかな顔立ちをしていて ・安い給料で文句を言わず働く ん? ブラック企業の募集かな? 政治家には求めて、自分たちはブ…

世界の皇族の高齢化

政治家の高齢化もどうかと思うが、皇族の高齢化も大変だなと思う。 タイのプミポン国王なんて88歳ですよ。 生前退位なんて、歴史を見ればずっと普通にやってたことだし、年号なんて、言っちゃ悪いが気分次第、ゲンが悪いなんて理由でしょっちゅう変えてたも…

旅する紙幣

昔どっかで聞いたんでうろ覚えだが、紙幣に名前と住所を書いて、誰の手を経ていったかみたいな話を聞いたことがある。 技術が進んで、いつの間にか貨幣の行方追跡が可能な時代が来てることに気が付いてびっくり。 ICチップを仕込んで、紙幣の保有者が支払い…

無謀運転を減らすには

車を運転していると、荒々しい運転をする人が目につきやすい。 どうすれば、減らせるかを考えた。 今回注目したのはトラック。 後ろの扉部分に、運転手の名前が張ってあるトラックは少なくない。あれは何かあれば会社に報告することを考えてのことだろう。 …

ポポロの扱いから社会を考える 7

ネットで聞いた話に過ぎないが、底辺高校・大学ではこんな風景が日常だという。 夏に暑いからとスカートまくり上げて涼む女子生徒たち。一番前の席で寝る生徒と、それを当たり前と受け入れる先生。 とにかく辞める。入学から1割の生徒が退学も珍しくない。 …

ポポロの扱いから社会を考える 6

5.第三種公務員の創設と、セーフティネットの見直し さて、今まで基礎教育、高等教育と職業学校。企業の採用基準と労働時間といろいろ考えてきた。 これだけやっても、社会から零れ落ちる人間は必ずいる。 物事を考えるのが苦手。 体力がない。 理解力がな…

ポポロの扱いから社会を考える 5

4.三交代制の見直し 使い潰しの否定 こころの病気の発症率の高さから鑑みるに、労働の過酷さが増しているといえる。壊れたら次の人を雇えばいい、だけでは、労働拒否の人間が増えるだけだ。 これはチクれる機関の頼りなさがある。労働基準監督署の見直しは…

ポポロの扱いから社会を考える 4

3.新人偏重の採用とシフト制見直し 昔は農業、工場、サービス業とあったら賃金格差がえらいことあった。 農業で100万なら工場で250万、サービスで400万って感じで。あ、これ明治から昭和初期の話ね。 だから貧乏な家、学がない家出身でも、勉強一発で公務…

ポポロの扱いから社会を考える 3

2.職業学校の充実 専門学校という割に、就職率は低かったりする。資格はとれる割に、役に立たなかったりする。大学に行けなかった子や、高校をやめた子が向かう、モラトリアムに利用されがちな場所だ。 不思議だったのが、なぜ企業が専門学校を作らないの…

ポポロの扱いから社会を考える 2

基礎教育の見直し 小学校6年、中学校3年は義務教育だ。この部分を大幅に見直してみる。 義務教育の問題は、「全員に与えなければいけないが故に、流れ作業となる」ところにある。 学校の先生は分からない生徒がいないように、下向きの教育をし、できる子を退…

ポポロの扱いから社会を考える 1

ツイッターでバカが炎上する理由を考えてみる。 浜の真砂は尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ はい。おなじくバカも尽きることなく日々炎上しています。 理由を考えるに、インターネットの発展が一つ。 日々が退屈。自己顕示欲。集団内でのイニシエーション…

税金について考えた 3

2012年の法人税収入が8.8兆円 うちトヨタは0.262兆円 全体の3%を払う。 2015年の法人税収入が12.2兆円 トヨタは0.878兆円 全体の7%を払う。 ほんまは豊田はん、まだ払えるはずなんやけどな。 2015年のトヨタの売り上げは28.4兆円 税引前利益2.98兆 税金が…

税金について考えた 2

考察と提案 国家が企業であったなら、スリム化が進むだろうというのはよく言われることだ。 問題は2つ。企業と違って、国家は監査がされにくい。 もう一つは公務員にインセンティブが働くことはない。改善提案は、「前歴が無い」で却下される。削減したとこ…

税金について考えた 1

最近GDPと株価の関係など、大きな金の動きについて考えることが多かった。 その際に思いついた、税金についての考察を自分用にまとめておく。 1.歳入と歳出を見る 気づいたこと ・租税収入が6割、国債発行が残りと、いわゆる借金体質になっていること ・酒…

政治に期待するのは間違っている

学生時代、クラスの級長には誰もなりたがらなかったもんだ。 内申が上がるかも、と最近ではいくらか価値があるのかもしれないが、面倒な仕事が増える役なんてゴメンである。 調子に乗ってるやつに押し付けるか、地味ないじめられっ子にでもさせておけ。 この…

給料が安くなる理由

ちょっと飲みながら、はてなブログの新着をぼんやり流し見してたんですがね。 こちらの記事を読んで、はてな?となる。 www.yutorism.jp こちらの記事は非正規雇用、正規雇用ってなんだね。ということについて書いているので興味ある方は読んでみるといい。 …

新たなる税金が課せられる日

我慢できないものに税金を課すのは常套手段。 娯楽がない時代には、酒税。 車が流行れば自動車税に燃油税。 でも世は省エネ時代。若者の〇〇離れが目立つなら次に税をかけるなら 自慰税と性行税か? 首の後ろに端末が埋め込まれた時代になれば可能だな。 興…

お金について考える

子供の時は「貯めればいいことがある」と思ってた。 何か欲しいものがあるときに使えるのだから。 大人になり、働き、消費し、家賃を払い、ギャンブルをし、株価の上下に振り回されるという経験を経て、今は何ともいえない気持ちがある。 一つ言えるのは「お…

なんだか赤いんですよ

友人に聞いた話。 私と違って奴は高給取り。調子のいい時は1,000万を超える年収があったらしい。 奥さんはお嬢さん。給料を全部渡しても「足りない」 貯金は0。 「知らんと思うけど、あんた稼ぎ悪い方なんよ」 わお。 そんなん言われるんや、との愚痴を聞い…