読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

食料品に消費税がかかる理由

食べ物なんだから、基本貧乏人にはきついだろう、ということで軽減税率が国会で取りざたされていたが、10%→8%ととにかくしょぼい。

さらに還付額5000円とか、一年10万円消費で頭打ちとか驚くよね。

 

消費税、世界の国々でも適用されている。

フランスは19.6%→5.5%、イギリス 20→0% ドイツ19→7% カナダ5→0%と比較的軽い。

しかも上限とかはなさそうだ。

 

何でこんなせこいんだろう、と思って計算してみた。

1憶2千万人が毎月2.5万円食費を使うとすれば1.2億×25000×12=36兆円

10%なので3.6兆円の歳入。年間収入の約10%。

もっかい言います。国民はご飯食べるだけで3万円の税金。全体で3兆6千億円、国に払っている。

軽減? するわけないですわ、こんなおいしい財源。

 

タバコに50%、ビールに50%、ガソリンに二重課税をする大蔵省が、こんなやめられないブツを値引きするわけがない。謎が解けました。