読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

警察が苦手な理由

日本の警察は、基本的に汚職も少なく、勤勉。

そもそも、安全のための必要装置として見れば、嫌う理由はない。

だがなんか苦手意識がある。

 

今日ぼんやり考えていて、その理由に気が付いた。

 

あ、これゲットーの看守と同じや。

 

ナチス時代に各所に隔離収容所が作られ、ユダヤ人が集められた。

ドイツ人から見れば、ユダヤ人は

 

・潜在的に悪いことをする存在

・目を離せば要らんことをする予備軍

・犯罪を起こさないために厳しく目を配り、場合によっては

 さっさと先回りして取り締まり、自白させる必要がある。

 

この構造はナチス時代だけでなくスターリン下の収容所でも、ありとあらゆる時代の刑務所でも同じだ。そして警察も似た視点があるんじゃないだろうか?

取り締まる側から見れば、民衆は常に胡乱な存在である。

その目線がどうも苦手なんだと腑に落ちました。