読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

「尊厳死」と「姥捨て山」は違いマスよ?

政治・政策 支配側の論理 社会への怒り

ヨーロッパには自殺をする権利を認められた国がある。

自殺ほう助という奴だ。死の幇助 - Wikipedia

 

とはいえ当然制限付きで、

1.病気で治る見込みがない場合で

2.医師の手によるもの

 

というのが条件のよう。まあ、プロ、または信頼できる人間が行わなかったら、殺人との区別がつかないから、これはしょうがない。

 

 

日本では一方、殺人罪に問われてしまうこの問題。

日本でも尊厳死を、という声があるらしいが、この

「お子様しかいない国」

に自由な死は早すぎると思う。

 

なにかあれば「お上が何とかしてくれる」「はよお上は何とかするべきだ」

騒ぎ立てるだけの決断力のない集団に、この自由権を渡せばどうなるか。

 

きっと尊厳死ではなく、安楽死法案が通るはずだ。

 

見たくないものには蓋をする。

山に老人を捨て、井戸に赤子を捨ててきた江戸時代の復活である。

ニートに、犯罪者。社会不適合者に騒乱を起こす軽薄な若者。

 

その建物に行けば、自動的に処理され、出てくる人はいない。

そんな建物が作られる。行くのは自分の意志? 

だから問題ないでしょう。

 

 

社会に役に立たないものはそっと「ないない」する。

「それが社会のためになるんだから」 そう言い聞かせ、自分の親にカンビュセスの籤を押し付けて、自らそこに行くように強くプレッシャーをかける。

建物に入るとき一瞬だけ涙を流し、そして安心する。

 

決断力のない日本人はきっとこの道を選ぶだろう。かつて歩んだ道なのだから、馴染むのも、きっと早い。