読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

面白いもの紹介 「やる夫スレ」その2 あんこスレと安価スレ

前回紹介したやる夫スレにはいくつかのジャンルがある。
今回紹介するのは「安価スレ」「あんこスレ」の二つだ。

 

安価スレとは

作者が淡々と話を自分のペースで投下していく通常の形式と違い、
安価形式は読者に選択肢をゆだねるタイミングがある。

登場キャラがどう行動するかを自由形式で記述させたり、いくつかの選択肢から選ばせたりするわけだ。
その番号を安価=アンカー(ある決められた番号での書き込みを指す)に書き込めた読者の意見を取り入れてシナリオが進んでいく。
ゲームブック、またはアドベンチャーゲーム方式に近い。

 

この方式の面白いところは

・誰が安価をとるかわからないランダム性
・読者との双方向性
・話が二転三転するダイナミックさ

などがあるところか。

 

ただ、欠点も多い。

 

・読者が一定数揃わないと話が進まない

選択肢を一人、少人数で選んだら、不公平だから多くは夜~深夜に投下。

・読者同士の派閥で喧嘩

  欲求欲望全面派 隙あれば【R‐18】展開狙い
  最短距離最適派 合理性絶対、固定値は神
  キャラ大好き派 自分の押したいキャラを執拗に出したがる
  ルーザー    人がいやがる選択肢を入れて、慌てふためくのを楽しむ

  スナイパー   専用のツールを利用? 安価を他人に譲らない

これらの派閥が、安価で決定された事象に対し、「損した!こうすれば良かった」などの非難を繰り広げることは日常茶飯事。足の引っ張り合いでキャラの行動原則が右往左往し、一貫性のない行動に違和感・嫌悪感を感じることも。

・作者の手の内を読もうとする読者、シナリオ誘導したいがために露骨なヒントを出す作者などが現れる。

 

あげく作者が消耗し、最後まで書かれることなく終わってしまう作品も多い。

 

印象的な作品に、バカなお祭りに徹した 

トェェェェイ ◆BOTTINSTxk やる夫「王様ゲームしようぜ!!」

TRPG出身の作者が、読者をなだめつつもうまく采配をとる

ばくだんいわ ◆QOOmW3I0SM やる夫は狂えるオーク戦士であるようです

エイワス ◆ovWgAQvoZA やる夫は聖杯戦争に挑むようです。 

∈(・ω・)∋ ◆1ZSfy26AA2 やらない夫はモンスターマスターとして召喚されたようです

 

このあたりが印象的な作者か。読者をある程度いなし、思い通りに話をもっていくだけの剛腕が必要なジャンルだ。

 

あんこスレ紹介

さて、安価で疲れたある作者◆YEKWjQDMZ6が提案したのが「あんこスレ」だ。

作者が選択肢を出し、それを掲示板上のダイスを振って選択肢を決めて話を進める。

 

例えば

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主人公はどうする?

1:進む 2:戻る 3:とどまって探す

[1D3:3]  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※【1D3】とは3面のオープンダイスを1つ振る 結果3が出た。

 

これで選択肢は3としてストーリーを進めるわけである。

安価方式とは違い、これなら作者一人で話が進められる。と同時に、作者の孤独、「自分は話を知っていて、この先どうなるかもわかりきっているから退屈」から解放される。


読者は「サイコロだから仕方がない」と受け入れることを覚える。どんなに自分が好きなキャラであっても、サイコロ一つで退場する。


そして、サイコロ次第で転がるストーリー展開のダイナミックさ。

通常の小説であれば、今後起こりうる展開は常識の範囲内で行われがちだ。変化で言えば1か2、せいぜい3といったところ。

安価スレでもそう変わらない。せいぜい4~5の派閥が出す提案くらい。納得できなくても理解はしやすい。


ところがあんこスレでは作者が一つ二つ「え?」という選択肢を入れるだけで、ダイスが吸い込まれるように出る。

「どうしてこうなった」ということが起こる。それはもう頻繁に。

その度にプロットを破壊され頭を抱える作者。合いの手で「草生える」「ファーwww」と笑う読者。

しかも上手な作者にかかると、この頭を抱える結果が「そりゃそうよ」と化ける。

こうだったからじゃね、とつぶやいた読者の一言が取り入れられ、いつの間にかそれは当たり前だ、と皆が、ひいては作者までが納得してしまうストーリーが出来上がっていくのは面白くもあり、不思議でもある。

運命とは必然なのか、と人生に思いを馳せてしまうぐらいだ。

 

出目一つに運命が翻弄されるそのほろ苦さは、黄金パターンのハッピーエンドでは得られない深みがある。

人間の人生もまた、毎日サイコロを振ってるのとそう変わらない、と思えるようになればあなたももう立派なあんこスレ読者といえるのかもしれない。

 

去年の10月頃からまだ半年ほどの、あんこスレの影響がじわりじわりと広がっている。剛腕の安価作者たちも翻弄され、笑える結果が生まれている。

これからが非常に楽しみなジャンルだ。

 

◆C9EETGJXRI(◆YEKWjQDMZ6) あんこスレ命名者

戦国尖ってる (歴史系)

機動戦士ガンダ… (機動戦士ガンダム

機動戦士ガンダ… 外伝:寒い時代のレミングス(機動戦士ガンダム

生体につき、取扱注意 (オリジナル・新世紀エヴァンゲリオン原案)

全寮制 風呂・トイレ共同、キッチンなし (ハリー・ポッターシリーズ原案)

 

なんJ語を覚える必要があるが、慣れれば癖になる。作者いわく「ガバガバ設定」は、想像の余地をたっぷり残しているが、逆に後で「そうだったのか」が楽しめる。提唱者だけあって、追いかけ続ける魅力がある。

 

◆CoNaNQHQik ゴブリンスレイヤー作者

イムバドゥの悪魔

モスクワ2160

 

シビアな作者で、キャラが死ぬときはあっさり死にますと公言。ダイスを振るたび緊張感が走る。何もないところから設定が生え、歴史ができ、大河ドラマが生まれる様は、ぜひ体験してほしい。キャラに「死なないでくれ」と願う読者。いや、そのキャラはさっき10でダイスが生んだ設定ですよ、というのは野暮なほど無から生まれる物語の魅力があります。強くお勧め。

 

エイワス ◆ovWgAQvoZA 安価得意作者

ダイスで剣と魔法の修羅の国

あれだけ安価での名作を次々と書き上げた作者が「無言で顔を覆う」「あっ」「どうして女神はこのキャラだけ嫌うのか」等の名言を吐き続ける。

設定がダイスを降れば振るほど細かく出来上がり、またそれらしい設定が選ばれるのが不思議でしかたがない。

 

ハシビロコウ ◆mQJKOiPwBw 安価得意作者

魔界都市香港に、一つの噂在り

キャラからシナリオ展開、結末まできれいにまとまりすぎて逆に怖い。

 

苺大福餡子抜き ◆JVOZzqIYfc

ダイスによるキングダム

ヨーロッパ戦線で生き残ろう

 

戦争に出た人間が偶然のとりこになってしまうように、戦争とダイスの相性の良さが良く分かる作品になっている。

 

◆pOgi2U5jM

射命丸文は童話を救うようです

 

童話の世界を救えというテーマが、なぜ「七味唐辛子」となるのか。安価とあんこの組み合わせの妙を楽しめるスレ。笑わずにいられたらたいしたもんだ。