読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

精神の強靭さは、何由来か

精神を病む、ということに縁が深い。

考えてみれば、小学校の友人をはじめ、次々と発症している。

知り合いで、調子悪い人間は、と思って指折り数えてみればとても足りない。

20は超える。

 

これは俺が原因? なんて思ったこともあるが、人一人がそんなに影響を与えられるわけもなく。不適合者と発症しやすい人間は、仲が良くなるんでしょうと思うことにした。

 

気になるのは自分について。いずれ俺もなるんかなあと母方の家系を見て考える。

あのおじさんもそうだし。あの人や、うわ、この人もか。

 

そんな中で燦然と輝く父親の家系。

 

人間。人間。人間。ドワーフ。 ん、ドワーフ 

ってくらい強靭な精神を持っている。

自分は最高で、周りはバカばっかりと言いきった祖母をはじめ、自分の好きなことだけをして年老うことができた父。

自我がないように、気弱な様子は実は見せかけ。

ボケるまでマイペースを貫いた祖父に、ひょうひょうとしているらしい叔母。

 

人間としてみれば「それどうなん?」と聞きたくなる家系ではあるが、自分にこの血が半分入っているなら、大丈夫かもしれないと思えるのはちょっと心強い。

 

精神が強いとは、と考えるとこんな感じになる。

・思い込みが強い。 頑なな性格。 ホームでは強いが変化に弱い。

・プレッシャーに弱い 自我が薄い 他人に巻き込まれないように。

・受け流せる。 誰にでも合わせられる 自我や大事なもの、価値観を見失うと危険

どんな人でも歯車が狂えば病んじゃう。そんなもんですわ。

 

どんな人でも、アカンのは、次のもの。

過大な仕事量

自分がやらねばという思い込み

人との比較

 

どれも輪廻に捕まりますよー。

必要なのは一日に1200カロリーちょい。

7時間の睡眠と快適な排便。

知的好奇心を満たすものがあれば、

まあ快適にすごせるはずです。

 

いざとなったら、皆投げ捨ててええんやで。

じぶんだいじに。