読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

ポポロの扱いから社会を考える 1

ツイッターでバカが炎上する理由を考えてみる。

 

浜の真砂は尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ

はい。おなじくバカも尽きることなく日々炎上しています。

 

理由を考えるに、インターネットの発展が一つ。

日々が退屈。自己顕示欲。集団内でのイニシエーション洗礼。

 

バカは目立つためには、タブーに挑戦する。

気持ち悪いものを食べてみたり、飲んだりする。これはウンコを棒に指して走り回るクソガキと同じと思えばいい。

みんなの罵声こそが「今俺輝いてる」


注目を浴びるというのなら、度胸試しで崖に突っ込む種族もそうだ。集団での注目と尊敬を集めるのには、「人のできないことをする」というのがあるが、バカの集団ではこれが少し違った方向に発揮される。

酔っぱらっての蛮行。若さゆえの暴走なんて、誰でも一つや二つ記憶があるはず。

こんなことはおそらく100年前から変わっていないのだが、ネット上にアップされ、それがまた叩きたい奴らに発見されるというループがお約束になってしまった。

 

今回はポポロをどうするか、というよりも彼らの行動から日本の社会をどう改善すれば、ちっとはましになるかを考える思考実験をしてみるつもりだ。

 

1.基礎教育の見直し

2.職業学校の充実

3.新人偏重の採用とシフト制見直し

4.三交代制の見直し

5.第三種公務員の創設と、セーフティネットの見直し

 

こんな感じだろうか。