読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

第三種公務員について考える

以前書いた第三種公務員。

アイディアをもう少し詰めて考えてみる。

自分用メモ書き。

 

所得資産によって、零れ落ちる人間をセーフティネットで救い上げるのであれば、動産、不動産の実態確認が必要。

リアルタイムで増減する不動産価値、さらには株などの金融資産。

おそらくマイナンバーでの捕捉によってもうすぐ可能になる。

税金面だけが注目されるが、例えば直接税率、消費税率を低資産者(仮に1千万)は全額控除、徐々に漸増するとする。そうすれば、唐突な税金支払いはされなくて済む。

 

リアルタイムで捕捉できるのなら、いろんな控除が可能。

そのためにはオンライン化の端末、ICカードの整備が必要になる。

生活保護で支援されるのは「円」ではなく「ペリカ」(カイジより拝借)

交通機関、食料品、公共機関、いくつかの娯楽、家賃など生きていく上で必要なものはペリカ払いが可能。なお翌月への持越しは不可とする。

ペリカの個人間譲渡も不可とすれば、不正支給は難しくなる。

 

資産把握を恐れる向きは多いだろうが、今後は国家管理が進むんだろうなと予測する。