読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

ドラマ的な分岐点は存在するのか。

生きること 考えたこと バカへの怒り

後悔先に立たず、という言葉の通り、自分の選択を悔やんでいる人は多いのだろう。

 

あの時、ああしていれば。

あそこで、AではなくBを選んでいれば。

 

想像の中で、悔やんでいる人はもう一つの選択肢を選び、幸せな結末を得る。

 

 

 

ねーよ。

 

バタフライ・エフェクト - Wikipediaも公開されてから10年。見た人も少なくなってきただろうと思う。

 

1.なぜ究極の選択、一つは失敗、一つは成功という明確な分岐点があると思うのか。

2.なぜもう一つの選択では成功できると確信をしているのか。

3.自分はディズニー映画の主人公と勘違いしているのか。

 

言いたいことはまだまだあるが、とりあえず上の三つだ。

 

人生はドラマではない。

人生はやり直しがきかない。

それでも生きていく必要がある。

 

失敗は損切りし、授業料と割り切る。

命が助かったんなら丸儲け。

もう一つのあったかもしれない選択肢は、もっとひどい結末になったかもしれないと自分を慰める。酸っぱいブドウな。

 

あの時に、マクドではなく、吉野家だったらデートに成功したはずだ、と本気で思っているのなら、童貞エロゲ脳乙としか言いようがない。

人生に分岐はなく、人生に約束された成功はない。なぜそこに気づかないのだろうか。

 

ギャンブルであの時、あの馬に賭けていたら。

ヤフー株(グーグルでもいい)を買っていたら。

 

大金で身を持ち崩したかもしれないし、売り時を間違って借金したかもしれない。

 

映画なら、物語ならハッピーエンド。そう打ち切って終わりにできるのに、助けた相手に訴えられたり、逆恨みされたりするやりきれないことが起こるのが現実社会。

 

最良の結果を手に入れる夢を見られるのなら、同時に最悪の結果を手に入れたかもしれない未来も、抱き合わせで想像しようぜ、って思う。

 

ただし物語は別だ。映画「オーロラの彼方へ」「のるかそるか」のように、物語の中でくらい、幸せな気分になってもいい。

ただし、映画と現実は別。そこは切り分けよう。