読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

お金について考えた 7

考えたこと 生きること

前回記事 お金について考えた 1     

 

なんやねん、結論ないんかいって思われるかもしれないが、この話題は今回で終わり。学者でもない一般人が、垂れ流した話にそんなもの求めるなって。

 

せめて最後は、一般人がお金と仲良くなるには、という話題で締めようと思う。

 

あー、金欲しいなー。宝くじ当たんねーかなー。

という声もあれば、節電しなきゃ、とコンセント抜いている人にまで。

どうすればお金が手元に来るようになるかを「タイトルだけ」書いておく。

中身については、また気が向いたときに書きたそうと思う。

つっても、そこらのビジネス本に書いてるようなことばかりだから、知りたかったら何冊か適当な新書を読んでみるといい。

 

お金との関わり方

 

  一番身近なお金の動き

1.「使う」「稼ぐ」「貯める」「儲ける」の違い

2.家計簿をつける その効能と意味

3.「入る」「出る」を理解し納得する。ダイエットと同じ。

4.手間に払うお金と、節約するお金の意味を考える。 安売りハンターの無駄

5.モノにはらうお金は「買う」「維持する」「収納する」「修理する」の意識差

6.特別会計に注意 自分へのご褒美は破たんへの道

7.大きいお金と小さいお金 節約するのは何が効くか

 

  買い物するのに知っておくべきこと

8.企業の戦略を知ろう ターゲットと利益率を考える

9.見栄は金になる デパートの包装紙とブランド品の類似

10.品質とサービスと利益率のバランス 原価厨の愚かさを知る

11.新品と中古の価格差はなぜ起きる。amazonとマンションの価格

12.リボ払いの恐怖と、複利を味方につける意味

13.ローンは2倍以上のお金を払っている 変動金利の怖さ

14.雇う側の考え方をする。論理を逆手に取れ

 

  稼ぐ以外の考え方

14.なぜ日本で投資が嫌われたのか

15.増やしたり減ったりを意識する ギャンブルの功罪と利用法

16.減価償却の理解と、生活での利用法

17.欲しいもの、必要なものに優先順位(トリアージ)をする

18.金持ちはなぜ金を維持できるのか。分散投資の意味

19.教育は金にならないその理由。戦略の変化にいち早く気づくこと

20.「あー、金欲しい」とつぶやくうちは絶対に貧乏 その理由

21.お金に色はついていない。 心の会計と方針

 

 

  「怖い」にどうやって対抗するか

22.プロは絶対に騙しに来る。 エクセルと四則計算が最強の武器

23.もしかして、と煽ることがビジネスチャンス 保険を理解する

24.リスクとオッズ 費用対効果を計算する

25.耐えられるダメージと、耐えられないダメージを見分ける

 

  おわりに

26.人生の意味を見つけよう 貯めればいいってものじゃない

27.何を得て何を捨てるか 捨てられない人はすべてを取りこぼす

28.怖いの裏側にチャンスと喜びがある リスクをとる意味

29.生きた金を使うのに必要な姿勢