読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

お金との関わり方 3

お金との関わり方 目次ページ

http://unsuitable.hatenablog.jp/entry/2016/09/05/083500

 

3.「入る」「出る」を理解し納得する。ダイエットと同じ。

 

ダイエットはしたことある人は考えてみてほしい。

なぜ失敗しやすいのか。

 

ひとつ。しんどくて、楽しくないからだ。

ひとつ。我慢できないからだ。

 

家計簿も同じ。イライラしやすく、すぐカッとなりやすく我慢ができない性格の人はまずしない。

ところが教育や勉強というのはいつも同じ。

面倒くさく、我慢が効かない人間には向いていない。

なんで、どうして、と疑問を持たない人にも向いていない。

余計な過程をすっ飛ばし「結果だけ手に入る」ほうが面倒じゃない。

 

だから「ダイエット本」が形を変えて、やり方を変えて流行る。

飲むだけで痩せるという触れ込みの薬が中国から、アメリカから輸入される。

危ないかも<簡単 という式が出来上がる。

 

ダイエットは実は簡単な理屈で出来ている。

体が必要としている分以上に食べない。

以上。

 

基礎代謝が1200calなら(成人女性平均値)1100calくらいにする。

マイナス100カロリー×日数、例えば3か月90日なら9000カロリー。

脂肪で1キロなので、体重で水分含めおよそ1.2キロくらい痩せる計算。

 

単純すぎるけれども、だいたいこの計算に従って痩せることが可能だ。

痩せないのであれば、基礎代謝と食べている量に間違いがある、と疑った方がいい。

 

お金の世界はもう少し単純に数字で表される分、ダイエットよりももっと結果が出しやすい。

ポイントは我慢できるか。それだけ。

 

日々増えていく数字を見れば励みになる。

月々に貯金できるようになれば喜びになる。

最初は面倒でも、慣れればそこまで苦痛ではない。

それには試してみるしかないが、最初が大事。

 

お金はあなたのもとに入ってくる。そしていろんな形に替わって外に出ていく。

入ってくる額より、出ていくお金が少なければ「いろんなことに耐えやすくなる」

出ていく額が多ければ「いろんなトラブルに巻き込まれる」ことは請け合いだ。

 

1.自分の体を調子よくするために必要な費用

2.自分が楽しくいられるために必要な費用

3.人に好かれるために必要な費用

4.人に嫌われないために必要な費用

 

人は数字の大きい4や3を気にすることが多い。

見栄っ張りや怖がりは4ばかり気にする。でも、この分野はいくら使っても、満足することはありません。

というか、使えば使うほど「もっともっと」と引き返せなくなるお金。

しかも、使っても見返りはほとんどありません。

 

本当に必要なのは数字の小さい方。

家計簿をつけて、自分がいくら、どこに使っているかぜひチェックしてほしい。