読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

法の遡及を禁ずる

支配側の論理 日々

フィリピンで、ドゥテルテ大統領がいろいろ動いていますね。

先ほど見たニュースで、麻薬関係者5900人超を殺害とあってちょっと驚いております。

www.cnn.co.jp

 

さて、問題になるのは今、刑務所に入っている人間と、裁かれている麻薬関係者でしょうね。

フィリピンで法律は「死刑が禁止」だそう。カソリックが全体で70%占めてるらしいので、まあそうかな、と思ってたら死刑廃止は2006年らしい(wiki調べ)

意外と最近ですね。しかも大統領、今年五月の時点で死刑復活を公約にしてる?

 

今回の騒動で、結構な人数が自首して刑務所に入りたがったという話があって。なぜなら外にいれば殺されるけど、捕まっているうちは安全だから。アメリカのマフィアでもそんな話があったなあと思い出す。

 

しかしドゥテルテ大統領、刑務所に入ったからといって、やすやすと見逃すかなあ。

なんだかこんな話になりそう。

 

現在麻薬関係で捕まっている囚人を、再調査し新たな罪状で死刑にする

→法遡及禁止で周りに止められる。

 

よしわかった。じゃあ、全員恩赦な。

 

出口は当然、袋小路になっていて、あとはお察し。

気性強い人みたいだし、これぐらいはやりそうだと想像してしまった。