読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

平等な社会の行く先は

バカへの怒り 生きること 社会への怒り

富の分配の効能を考える 4 - 不適合者のジャンクヤードでも書いたが、人に富を等しく渡すのは難しい。

 

基本的にお金はまだ分配できるから問題ない。

で、考えてみたわけだ。

 

貧乏な美人がお金をもらう。

貧乏な頭のいい人間がお金をもらう。

 

おや? 能力の不平等はどうなるのかな?

 

頭がよかろうが、足が速かろうが個々の人間の持つ能力値には当然違いがある。

ということは、ここを平等にするのなら

足の腱を切り、不美人に整形し、頭が悪くなるように教育をする

スキルの引き下げによる平等も行わなければいけないわけですね。

その世界はきっとエージェント・スミスのみが闊歩しているのでしょうか。

わーお、ディストピアだ。

 

それでは分配時にその点を考慮して、一人ひとりの能力を査定して、分配される金額を増減させる必要があるな。

能力から将来得られる給与差を算定し、その差額分を加味して「成功者から奪ったお金」を分配すると。

 

「零れ落ちた人間を救うセーフティネット

「積極的に金持ちから奪い、スキルのない無力者に分配」

 

どちらが優れてるんでしょうかね。