読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

敵はいったい誰なのか

ネットで、頭があったかいキッズのやり取りを見ていると春を感じるこの頃です。

 

さて、ちょっと気づいたこと。

例えばネットである書き込みがあったとします。

どこの誰、と書くと敵を増やすので(今更だが)ふわっとした話で進めますが、この書き込みをした人(Aとでもします)は嫌いな団体(Bとします)があったとしましょう。

 

Aさんの主張する世界観では「Bは許せない団体(個人)であるが故に、Bを擁護する発言をするものはすべて敵だ! 勉強してください!」とあちこちに書き込むわけです。

 

AさんがBを嫌いな理由は、ひょっとしてこの日本でたかり行為をしているように見えるからかもしれませんし、日本に対し敵対行動をとっているからかもしれません。

ところがね、思うんですよ。

Bが主張する世界観の押し付け、Bを害する発言をするものは敵だ、と主張するその行動パターンはAさんと瓜二つなわけです。

 

脊髄反射的に「〇〇は敵」と認定する前に、書き込む前に。

まずは相手の立ち位置から物事を考えるというディベートの基本を学んでほしいと思います。

 

ま、ポポロには無理か。