読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

今日のびっくり運転

血液型には妥当性があるのかないのか、と言われれば、まあないんじゃない?と答える人は多いかもしれない。

 

同じようなものに「車種による運転の差」が上がるかもしれない。

ハイエース

エスティマ

ノア

 

同じメーカーから出ている似たような形の車。

にもかかわらず、求める層が。値段が。使用目的が違う。

さらには色。黒なのか白なのか。銀か赤か。

 

求める層の違いによって運転技術だけではなく、周囲への気の配り方、年齢層、自己主張度合いなど性格の違いが出てきているように思います。

どれがどうだとはここでは言いませんが。

 

個人的に一番危険視するのがT社のP(白色)です。

非常に危うい運転をする人が多いように見えます。

ハイブリッドカーはぱっと見コピーにも「エコ」「低燃費」謳われているので手が出やすい。私の場合、前を走っていたら、車間をいつもより相当多めに空けますね。

 

さて本題。今日の車はT社の白A。同じハイブリッドなので注意していたら、前が詰まったのを気にしてか右レーンに。10秒後に左レーンに戻る。

気が短いなと思っていたらそのあと左折。歩道に後輪が大きく乗り上げるという内輪差。コンパクトカーで初めて見ました。

 

運転者。きっと頭もハイブリッド。