読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

医者はいつまで医者でいられるのか

集められたデータによって分析をして、人間心理や行動がある程度予測しやすくなる。

それを目的としてgoogleはすでに相当のデータを持っているわな。

フリーで使えるデータならいいけれど、当然秘匿される。飯のタネだもんね。

 

ただ、医学の面に限ってはさっさとデータ集約と病名予想はコンピュータに投げるべきだと考える。

医者が3分診療でできることは、具合が悪いところを聞いて、必要と思われる処置、検査を振り分けて看護師に指示する。投薬を決めること。

それだったら待合でタブレットで病気の症状入力させて、メインコンピュータで判断するほうが疲れ切ったやる気のない医者よりもまともな診断が下せるはずだ。

病気は日々新しく見つかり(作られ)新薬だってどんどん出てくる。

一介の人間がすべてを把握できるわけないんだよなあ。

だから誤診や、いつも決まったことしか言わない医者が誕生する。

 

医者は投薬結果のフィードバックと検査、患者の反応の聞き取りに徹して、黒子役に回る時代がそこまで来ているように思う。(あ、外科や歯科医は別)

将棋もチェスも、囲碁でさえもプログラムに負ける時代。

ヘボ医者は道を開けるべきではないだろうか。

 

既得権者は絶対反発するはずだけどね。