読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不適合者のジャンクヤード

腑に落ちるか落ちないか、読む人次第。拾い物があればご自由に。

ベーシックインカムを再び考える 7

政治・政策 騙されたらアカン 考えたこと

前回の記事 

ベーシックインカムを再び考える      

 

7.ここまでの簡単まとめ

 

1.産油国で独裁色強ければ国民給付する場合もある(日本に石油はない)

2.年寄りに払うのがムカつく、という損得勘定が根底にある(山賊かな?)

3.払った分の金を4倍にするのは、誰にでもできることではない(期待すんな)

4.生活保護バカにするけどさ、お前ら本当に我慢できるの?(そんなわけry)

5.税金払ってないわりに、要求だけは人一倍なんじゃね?

6.動機づけの方向が間違っている件

 

さあ、ここまで書いてみたが、これでも納得してない奴はきっとアレだな。

あんまり目を見たらアカン人ですわ。

 

ちょうど10年ほどになるのかな。どっかの政党が「高速タダにするぞ」って票集めたの。埋蔵金がどうのって言ってたけど、結局グダグダのまんま消費税だけ上がっちゃったわな。

近いうちに選挙でベーシックインカムを通そう党みたいな政党ができると思うね。

でもポポロは学べないから

・年金は破たんするけど「ベーシックインカムは違う」

・すぐにあなたの手元に「〇〇万円が入る」

こんなスローガン真に受けて、票を投じるんだろう。

そんな金、出し続けられるわけがないのに。

 

愛人にお金を払い続けられる社長がいないように。

離婚した後の養育費が滞ってしまうように。

永続的に何かをするというのは、とかく困難なものです。

 

次回から3回ほど私の考える「社会保障」の提案アイディアを書いていきます。